みどり中山リビングラボの活動とイベントのご案内

パスでつなぐ!
みんなとスポーツとフードのフェス

2019年2月10日(日)「パスでつなぐ!みんなとスポーツとフードのフェス」を開催!!

プロサッカークラブ横浜F・マリノスやプロバスケクラブ横浜ビー・コルセアーズといったプロスポーツ団体に協力いただいての開催です。

イベント内容

・ふれあいサッカー
・横浜F・マリノス/食育&サッカー体験教室(※要予約・参加費無料)
・日本代表落合啓士選手/ブラインドサッカー教室(※要予約・参加費無料)
・フットゴルフ体験教室
・クップ体験教室
・横浜ビー・コルセアーズ/バスケットボール体験教室
・ビー・ローズ/チアリーディング体験教室
・FIDバスケットボール/バスケットボール体験会(※要予約・参加費無料)
・鬼ごっこ
・風船バレーボール
・わくわくスークハンドメイドショップ
・ワークショップ
・ハイハイレース
・アスリートファーム//栄養学セミナー
・似顔絵コンテスト
・おりがみブース
・フードドライブ
・スポーツごみ拾いブース
・ウォークラリー 等

楽しいコンテンツをたくさんご用意しています。

是非 ご家族やお友達とご参加ください!

※予約が必要なコンテンツ 下記に詳細のご案内があります。

当イベントの願い

子供の思いやりの心を育みたい
障がい、貧困の子供達がスポーツを通じて社会参加できる仕組み環境をつくりたい
 
横浜F・マリノス
食育&サッカー体験教室

横浜を拠点に活動するプロサッカークラブ「横浜 F・マリノス」のふれあいコーチ陣による食育&サッカー体験教室!

「食」についての話を聞いた後に、みんなで楽しくサッカーをしましょう!

横浜 F・マリノスの知的障がい者サッカーチーム「フトゥーロ(スペイン語で「未来」という意味)の選手たちも一緒に参加予定。

  • 定員:50名
  • 対象年齢:小学1年~3年の男女
  • 開催時間:10:00~12:00(9:00~10:00のふれあいタイムもご参加いただけます)
  • 場所:緑スポーツセンター 第1体育室

当日のプログラム

9:00~9:45 ふれあいタイム

※ふれあいタイムとは・・・ボールに触れて教室開催前のひと時を楽しみましょう。

10:00~10:20 食育セミナー

10:20~10:30 運動量解析システムのお願いについて

※当イベントではNTTドコモの運動量解析システムを利用し当日の動きを計ります。参加者は専用TAGを装着し運動量を計測。イベント終了後に実際の動きを示したデータをお渡しいたします。

10:30~12:00 サッカー体験教室

 
日本代表落合啓士選手
ブラインドサッカー教室

アイマスクを着用してプレーするブライドサッカー。
親子でブラインドサッカーを体験しませんか?
日本代表の落合選手と一緒にプレーできるチャンス!

  • 定員:50組
  • 対象:子供1人&保護者1人で1組
  • 開催時間:12:15~14:15
  • 場所:緑スポーツセンター 第1体育室

落合 啓士(ブラインドサッカー日本代表)

1977年8月2日生まれ。
10歳の時に徐々に視力が落ちる難病を発症し、18歳で視覚障がい者に。
25歳でブラインドサッカーに出会い、その後日本代表に選出。
東京、大阪での生活を経て2012年より横浜へ。
東京都渋谷区で開催された世界選手権2014、アジア選手権2015では、
日本代表キャプテンとして出場。
ムードメーカーとしてもチームにとって欠かせない存在となっている。
日本代表としてプレーするかたわら、
生まれ育った横浜でブラインドサッカーチームを立ち上げるなど、精力的に活動中。

 
アスリートファーム
栄養学セミナー

学力・体力は栄養が決め手~最新の栄養学からみた成長期の食事~

スポーツ栄養学に基づき子供の成長に欠かせない栄養学と食事の重要性を分かりやすくお伝えします。

  • 定員:20名
  • 開催時間:15:00~16:30
  • 場所:緑スポーツセンター 2階研修室

岡田竜一

4歳からサッカーを始め、県大会や関東大会での優勝経験をもつ。怪我による大学サッカーを退いた後、指導者としての実績を重ね母校を全国大会に導く。2016年12月にアスリートファームを設立。分子整合栄養医学を用いて中学校のクラブチームや高校の部活inの子供達に向け成長期に与える栄養の重要性について指導を行っている。アスリート育成にも力を入れた活動を展開。その一環としてアスリートキャリア論の講義を母校にて年に数回実施するなど、子供に向けた栄養指導を中心に活動の幅を拡げている。
所持資格:分子整合栄養医学健康管理士、食育指導士 他

 
FIDバスケットボール
バスケットボール体験会

日本代表選手と一緒にバスケットを体験。
最後はみんなでミニゲームをしましょう!

  • 定員:80名
  • 開催時間:14:30~16:30
  • 場所:緑スポーツセンター 第2体育室

    バスケットボールをお持ちの方はご持参下さい。(ご持参いただける際はお名前を記入願います)

FID

for Persons with an Intellectual Disability(知的障がいを持つ人)を意味します。

・イベント中、スタッフによる写真や動画の撮影、取材が入ります。あらかじめご了承ください。
・イベント当日は運動しやすい服装でご参加ください。
・イベントへの参加は必ず保護者の方の同伴をお願いいたします。

みどり中山リビングラボの活動

みどり中山リビングラボは、横浜市緑区中山を拠点に、「地域に女性の力を反映させる活動」を展開する地域支援グループmamacoco(ママココ)が運営する地域活性の取り組みです。

地域には多くの課題が潜在しています。なかには重要な内容の課題もあり、とりわけ貧困事情やハンディをおった家庭の子供の問題は深刻です。

現在、横浜市内には約44,000人の貧困の子供(18歳未満)がおり、ハンディをおった子供も多数在住しています。区内の分析データが公表されていないため、在籍数などの詳細データは不明ですが、行政による支援策(福祉や教育)は少なく実際には事情のある子供へのサポートなど行政の手が届いていないのが実情です。

みどり中山リビングラボでは、中山商店街協同組合さんにお力添えをいただき、地域スポーツの振興を軸に「スポーツとフードとみんなのフェス」のイベントを緑スポーツセンターにて開催いたします。

みどり中山リビングラボは、すべての子供達が未来に夢や希望をもてる地域社会を目指して参ります。

当イベントの目的

イベントでは「子供の思いやりの心を育む」「障がい、貧困の子供達がスポーツを通じて社会参加できる仕組み環境をつくること」をコンセプトに掲げ推進して参ります。

当イベントの特徴はパラスポーツの要素を取り込み参加者に体験を行ってもらいます。ブラインドサッカーやFID(知的障がい)バスケットボールの日本代表選手による体験会を実施。プログラムでは、一般の方(大人・子供)に広く参加を呼びかけ体験会を実施します。参加呼びかけの背景には、一般の方に体験してもらうことで、ハンディを抱える方の気持ちを感じ、寄り添える気持ちをもつ、支え合いの気持ちを育むことが一番の目的です。

またこの度、中山商店街協同組合さんのご厚意により横浜を拠点に活動するプロサッカークラブ横浜F・マリノスやプロバスケクラブ横浜ビー・コルセアーズといったプロスポーツ団体に協力をいただきます。

みどり中山リビングラボでは中山地区のシンボルである中山商店街を軸に「地域が元気になり」「子供達が未来に夢がもてる」みんなで「支え合い」「助け合える」まちづくりを目指し、みんなの協力で作り上げていくイベントとして参加型形式で実施していきます。

多くの方のご参加をお待ちしております。