みどり中山リビングラボ*フーチャーセッション

10月23日 中山商店街と一緒にみんなでつくる参加型スポーツイベント!『パスでつなぐスポーツとフードのフェス・みどり中山リビングラボ』を緑公会堂にてフューチャーセッションを開催しました。

他区でリビングラボの活動されている方、障がい者スポーツの支援活動をされている方、NPO団体、スポーツ関係企業など多彩なメンバーの参加を得て開催されたセッションは大変有意義な場となりました。

ご参加頂きました皆さま、本日はお忙しい中お集まり頂き誠にありがとうございました。

今回は「商店街とスポーツセンターをフィールドに何が出来るか」をテーマに参加者一人ひとりが
アイデアを発案。アイデアを実践するためには「何が出来る?」そして「そのための手段は?」を付箋に書いてもらい
発表。参加者一人ひとりが主体となり考える参加型のセッションを実施しました。

未来を見据えた夢のある意見から、自分が関わることに置き換えた現実的な意見まで実に多様な意見の数々には
、未来の地域への期待、イベントへの期待が広がりました。

今後は、本日ご参加下さった皆さんと共に2月10日(日)のスポーツとフードのフェスそして地域共生社会の実現に向け
た取り組みを推進していきたいと考えます。

11月1日(木)発行のタウンニュースにて紹介していただきました。

https://www.townnews.co.jp/0102/2018/11/01/455422.htm

l

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です