緑区民女性向けアンケート調査

横浜市議会議員 斉藤たつや先生よりご依頼をお受けし、女性のリアルな声を活かしたアンケート調査を行いました。「緑区在住」「通勤で利用している」「以前住んでいた」と何らかで緑区とゆかりのある10代~60代の女性を対象にしたアンケート調査を2018年6月~7月の期間で実施。

アンケート回答者の多くは緑区在住の女性。半数以上の方が緑区の住環境に満足していると回答。

しかし育児環境については、30代~40代の子育て世代の女性より「中学校の給食がない」や「子供を安全に遊ばせる公園が少ない」などの設問に不満の声が集中するなど育児世代からリアルな意見があがりました。

また区の政策や地域改善の設問では「駅周辺整備」や「商店街の活性化」など生活に直接関係する内容に問題意識を抱いている40代~50代の女性からの意見も目立ちました。

さらに近年増加傾向にある自然災害や地震に対する不安から防災について感心を寄せている声も際だつ結果となりました。

この度斉藤先生のお取計らいにより、2018年10月25日(木)に該当の調査結果を緑区長小野崎氏にご報告させて頂く機会を頂戴致しました。

区長からは育児や駅周辺のこと、どんな小さな内容でも何か困った事があれば何でも区役所に相談してほしいとありがたいご意見を頂戴致しました。

ご報告と意見交換は、区長の小野崎氏をはじめ緑区役所でご活躍されている行政の方々と共に和やかな雰囲気の中執り行われました。

大変有意義で貴重な機会を頂けましたこと、緑区長はじめ緑区役所の皆さまと意見交換の機会を持たせて頂けましたことに感謝しております。

mamacocoと致しましてもアンケートにご協力いただきました多くの皆さんの思いを無駄にしないよう、今後も行政や地域活性への働きかけを推進していきたいと思います。

11月8日(木)発行のタウンニュースにも「緑区女性アンケート調査」が掲載されています。

https://www.townnews.co.jp/0102/2018/11/08/456577.html

 

 

 

 

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です